二人の絆を深める結婚指輪|トレンドを取り入れ生涯の宝物にしよう

指輪選びで気をつけること

男性女性

重ね着け意識する

婚約指輪と結婚指輪を同じブランドにすることで指輪の重ね着けが出来ます。今は、特別な日だけではなく日常で着けていてもお洒落なデザインの婚約指輪も多くあります。ですが、結婚指輪が薬指を独占してしまい婚約指輪を着ける機会が無いということも珍しくありません。そこで二つの指輪の同時に着けていても自然に見えるようにデザインを合わせることで指輪をより美しく演出しましょう。一生の記念になる物ですから、長く使えると同時に長くその指輪を親しく感じることでお互いの愛情を感じられる切っ掛けにもなります。結婚して生活が慣れてくるとお互いに思いやる気持ちが薄れてしまいます。特に男性にとって身の回りが整っている事が当たり前に感じてしまい感謝の気持ちを忘れがちになってしまいです。婚約指輪は結婚前の気持ちを持ってもらうのに有効な手段です。

指輪を一緒に選ぶ

婚約指輪はプロポーズの時に贈るイメージがありますが、プロポーズしてから一緒に選ぶカップルも珍しくありません。指輪がどんなに高価でも選んだデザインがパートナーの趣味と違っていたら喜んではくれるでしょうが日常でも使ってくれる機会は少ないでしょう。また、いくら採寸してもいざ着けてみると指に馴染まないことも指輪ではありえます。それならば一緒に婚約指輪を選び、パートナーが一番喜んでくれる指輪を購入した方がお互いに気を使わなくて済みます。むしろ、選ぶまでの過程が一生の思い出になるかもしれません。ショップで細かく採寸してもらうことで指に馴染まない指輪を選んでしまうという失敗も防ぐことができます。結婚指輪との重ね着けを考えた時に先に婚約指輪を渡して選択肢を狭めてしまうよりも、最初から合わせることを前提に指輪を一緒に選ぶことも一つの考えです。